地域と暮らし

江戸川区の洪水(水害)が起こる可能性は。過去の台風から学んで備える

江戸川区の洪水・水害の可能性は?

2019年10月、首都圏に猛威をふるった超大型台風19号。

荒川・新中川・江戸川(旧江戸川)に囲まれた江戸川区。

台風が上陸予定だった当日の朝、江戸川区から新中川西側に避難勧告が出ました。また、荒川も江戸川も氾濫危険水位となりました。

今回はなんとか無事でホッとしましたが、各地での川の決壊や氾濫を見て、いつか江戸川区でも洪水が起こるでは・・・と思いました。

そこで気になったことを調べました。

  • 過去にあった江戸川区の水害とその対策
  • 今後も超大型台風が首都圏に上陸する可能性
  • 江戸川区のハザードマップを改めて見てみる

調べてみたことから、今後の台風などによる水害の対策に役立てられるよう考えていきたいと思います。

江戸川区で水害に備えるために調べたことまとめ

過去にあった江戸川区の水害と対策とは

江戸川区は海抜ゼロメール地帯と言われていますが、過去にはどんな水害があったのか気になります。

河川決壊などが起こり大きな水害があったのは、昭和22年に起きたカスリーン台風です。

利根川の決壊をはじめ、いくつもの川で決壊が起こり、江戸川区も甚大な被害を受けました。

昭和22年のカスリーン台風以来は、江戸川区で河川による水害はないものの、内水氾濫(大雨がはけずに道路・建物が浸水すること)は何度も起きています。

昭和22年というと今から70年以上も前の話しですから、対策は行われているようです。

カスリーン台風前の施策としては、荒川や江戸川には本来流れていた川とは別ルートへ放水路を作っています。

それでも起こってしまったカスリーン台風の被害。カスリーン台風後は、洪水調節のため、利根川水系8ダムが建設されました。(参考元:Wikipedia カスリーン台風より)

ダムの役割は下流への水量の調節ですが、台風19号では、ニュースで何か所かのダムが緊急放流すると流れていました。

大雨でダムに貯水できない量が溜まり決壊の恐れがでてくると、流入してくる量と同じ量を放出するというのが緊急放流です。

また、これらの対策はかなり昔に行われたものです。

どんな超大型台風や雨量に対しても万全であるとは言い切れません。

今後超大型台風が首都圏上陸する可能性は・・?

とくにここ近年は、真夏の猛暑日は今までにはないような暑さだと感じます。

温暖化は地球の温度をあげるものではなく、台風の強さにも影響してくるそうです。

坪木教授:肌感覚として、非常に強い台風が日本に接近する上陸することが多いと感じることがあると思います。その延長として、今世紀末にかけて温暖化が進んでいくと強い台風がさらに強くなる、強い台風の数が増えると考えられます。すなわち、日本を含む中緯度の台風のリスクが増大しているということになるわけです。本州辺りにこれまで来なかったような強い台風が、接近・上陸することも示されてきています地球温暖化という気候の大変動の時代に台風も強化していく傾向にあり、それに伴う災害も発生しやすくなるのが今後の予想です。これまでの経験ではなく、未来の予測を考慮した、未来の予測にあうような対策を立てていくことが重要だと思います。

参照元:NHKニュースより

今までの関東では、小型の台風は来ても超大型といわれる台風が通過することはほとんどありませんでした。

2019年秋には立て続けに大型台風が関東に直撃しています。それはどうしてなんでしょうか。

「10月になると、通常は北西から乾いた空気が入り込んで台風の水蒸気を奪い、列島に近づけば雲の密度は下がる。今回は、しっかりした雨雲を持ったまま台風が接近した」

引用元:朝日新聞より

台風19号はこういった条件下にあったため、首都圏へ勢力を保ったまま直撃したとのことです。

まとめると、温暖化によって今後強い台風の数は増えるであろう、大型に発達した台風が関東に来る可能性もあると専門家は言っています。

このまま温暖化が進まないよう出来ることは意識して生活することも大切だと考えさせられます。

それと同時に、各家庭でも災害に向けてしっかりと備えをしておかなければならないですね。

 

▼今一度備えは万全かチェックしておきましょう!

 

江戸川区のハザードマップから考える

台風後の江戸川

台風19号河川敷まで水位があがっている江戸川

2018年に江戸川区より発表された、ハザードマップは話題になりました。

江戸川区を指して、「ここにいてはダメです」と書かれていたことも賛否がありました。

「ここにいてはダメです」と書かれた意図は、江戸川区から被害者を出したくないという思いからとのことです。

台風19号では、いち早く江戸川区から避難勧告が出されました。

結果的に川の氾濫などもなく無事で何よりということで、大げさだったと感じた人もいるかもしれません。

けれど、被害があってもし逃げ遅れた人がいたならば、もっと大ごとにして欲しかった、早く勧告を出して欲しかったというのではないでしょうか。

少なくとも、普段からの備えは大切だと改めて考えさせられました。

また、住宅にかけている火災保険は大丈夫でしょうか。民間の火災保険のうち3割は水害保障がついていないものが存在するそうです。

火災保険には入っていても「水害保障」をつけていないともちろん保険はおりません。

また、台風や竜巻の被害には「風災」の保証が必要です。付けていないご家庭が多いと聞くので、見直しをおススメします。

火災保険の無料診断はこちら

まとめ

日本列島の気温は1980年代後半から急速な上昇傾向にあり、1990年以降は最高気温の記録を相次いで更新。近年は、多雨と小雨の年ごとの変動が激しく、異常気象が連続。2004年9月、地球シミュレータが「2100年までの日本は温暖化によって猛暑と豪雨が増加する」と予測。

引用元:国土交通省

子供の学校でも温暖化、環境について考えさせています。子供たちの未来のためにも取り組んでいきたいものです。

今後も情報を収集していき、大切な家族のためにもしっかりと備えていきたいと思います。

-地域と暮らし

© 2021 エバグリ | Evergreen