地域と暮らし

江戸川区の洪水(水害)が起こる可能性は。過去の台風から学んで備える

江戸川区の洪水・水害の可能性は?

2019年10月、首都圏に猛威をふるった超大型台風19号。

荒川・新中川・江戸川(旧江戸川)に囲まれた江戸川区。

台風が上陸予定だった当日の朝、江戸川区から新中川西側に避難勧告が出ました。また、荒川も江戸川も氾濫危険水位となりました。

今回はなんとか無事でホッとしましたが、各地での川の決壊や氾濫を見て、いつか江戸川区でも洪水が起こるでは・・・と思いました。

そこで気になったことを調べました。

  • 過去にあった江戸川区の水害とその対策
  • 江戸川区のハザードマップを改めて見てみる

調べてみたことから、今後の台風などによる水害の対策に役立てられるよう考えていきたいと思います。

江戸川区で水害に備えるために調べたことまとめ

江戸川区は海抜ゼロメール地帯と言われていて、過去にはどんな水害があったのか気になり調べまとめました。

過去にあった江戸川区の水害と対策とは

河川決壊などが起こり大きな水害があったのは、昭和22年に起きたカスリーン台風です。

利根川の決壊をはじめ、いくつもの川で決壊が起こり、江戸川区も甚大な被害を受けました。

昭和22年のカスリーン台風以来は、江戸川区で河川による水害はないものの、内水氾濫(大雨がはけずに道路・建物が浸水すること)は何度も起きています。

昭和22年というと今から70年以上も前の話しですから、対策は行われているようです。

カスリーン台風前の施策としては、荒川や江戸川には本来流れていた川とは別ルートへ放水路を作っています。

それでも起こってしまったカスリーン台風の被害。カスリーン台風後は、洪水調節のため、利根川水系8ダムが建設されました。(参考元:Wikipedia カスリーン台風より)

ダムの役割は下流への水量の調節ですが、台風19号では何か所かのダムが緊急放流されていました

大雨でダムに貯水できない量が溜まり決壊の恐れがでてくると、流入してくる量と同じ量を放出するというのが緊急放流です。

しかしながら、どのぐらいの超大型台風や雨量に対しても万全であるか、対策は完璧であるとは言い切れないでしょう。

あの時備えておけば良かった・・・と後悔のないように準備しておきましょう。

江戸川区のハザードマップから考える

台風後の江戸川

2018年に江戸川区より発表された、ハザードマップは話題になりました。

江戸川区を指して、「ここにいてはダメです」と書かれていたことも賛否がありました。

「ここにいてはダメです」と書かれた意図は、江戸川区から被害者を出したくないという思いからとのことです。

台風19号では、いち早く江戸川区から避難勧告が出されました。

結果的に川の氾濫などもなく無事で何よりということで、大げさだったと感じた人もいるかもしれません。

けれど、被害があってもし逃げ遅れた人がいたならば、もっと大ごとにして欲しかった、早く勧告を出して欲しかったというのではないでしょうか。

少なくとも、普段からの備えは大切だと改めて考えさせられました。

また、住宅にかけている火災保険は大丈夫でしょうか。民間の火災保険のうち3割は水害保障がついていないものが存在するそうです。

火災保険には入っていても「水害保障」をつけていないともちろん保険はおりません。

火災保険の見直しも適宜しておくことをお勧めします。

 

まとめ

子供の学校でも温暖化、環境について考えさせています。子供たちの未来のためにも取り組んでいきたいものです。

今後も情報を収集していき、大切な家族のためにもしっかりと備えていきたいと思います。



-地域と暮らし

© 2022 エバグリ | Evergreen