ママライフ

篠崎にある有名な本屋さん「読書のすすめ」のススメ

篠崎の書店「読書のすすめ」

行ってみたいと気になっていた江戸川区篠崎にある「読書のすすめ」という書店に、やっと行ってみました。

 

「読書のすすめ」の店長である清水さんは「本のソムリエ」と言われており、普通の書店とは少し趣が違うようです。

 

今回は、実際に行ってみた感想・雰囲気をそのまま述べさせていただきます。

篠崎にある書店「読書のすすめ」に行ってみた感想

駅からは少し離れ、閑静な住宅街にある、書店「読書のすすめ」。

パット見は、普通の本やさんのように見えます。

ドアに貼られた「一見さんお断り」

外から見た感じ、普通の街中にある本屋さんのようですが、ドアに近づくと、

「一見さんお断り」の貼り紙。

一瞬足が止まってしまいました。

けれど、その貼り紙については清水店長のブログに書かれていました。

一見さんお断りは排他的なのではなく、

どういう客か分からない一見さんには、

サービスのしようがないということだったのです。

引用元:清水克衛オフィシャルブログより

清水店長が京都の他のお店で見た時に「一見さんお断り」について書いた内容です。

あとでこのブログを見て、なるほどと「読書のすすめ」に入ってから感じた印象と一致したようにも感じました。

子供連れで入るかんじではない?

その貼り紙を見て、子供向けの本はあまり置いていないのだろうか。と思いながら入ると、手前には幼児向けの雑誌がありました。

奥に進むと子供向けの絵本もたくさん並んでいました。

 

普通の書店のようにびっしり本棚に陳列され、背表紙やタイトルを見て手に取るのとは違い、多くの本は表表紙が見えるように並べられたり、紹介文がポップで書かれていました。

今回は子供の本選び目的だったので、店員さんおススメの中から1冊と子供が選んだもの1冊選んで買いましたが、ぜひまたここに来て、本を選びたいと思いました。

「読書のすすめ」のおススメ本を読んでみて

今回は、子供の本を2冊購入して帰りました。

1冊は、清水店長ではありませんでしたが、女性の店員さんに紹介してもらった本です。

わが家は子どもに良い本を読んであげたいと思い調べたりすることもあるのですが、聞いたことのない児童向けの本でした。

内容は、子供の真っすぐで純粋な気持ち、そして負けない気持ちや、頑張った気持ちはいつか報われるといった内容が描かれていました。

子供へ伝えたい気持ちのひとつとして、この本を何度か繰り返し読みたいと思います。

最後に

一見さんお断りの貼り紙は、普通に通りかかった人が入店するのに、敷居が高いような気がしてしまうかもしれません。

ですが、良き本に出合いたいという気持ちがあれば、問題ないように思います。

 

筆者はお店で選んでもらおうと思って訪れたけれど、どのような内容の本か決めていなかったので、漠然と話しをしてしまい、店員さんも少し困ったようでした。

けれど、子供が具体的に思いついたようなので、それを伝えると、すぐに対応してくれました。

 

本選びに迷っている方は是非、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

基本情報

住所

江戸川区篠崎町1-7-5 サクシードシゲゼン1F

電話番号

03-5666-0969

営業時間

10:00~21:00

アクセス

都営新宿線篠崎駅 徒歩10分

地図

-ママライフ

© 2022 エバグリ | Evergreen